イベント会社向けのおすすめの新規開拓営業手法

イベント会社向けのおすすめの新規開拓営業手法

新規営業・顧客開拓サービスの『カイタク』が、新規開拓営業をお考えのイベント会社の方に役に立つ情報を紹介します。

特にイベント会社の中の人が発信している新規開拓営業に関するノウハウやコツに関する記事や、イベント会社向けの営業に関するセミナーの情報などを紹介します。

イベント会社向けのおすすめの新規開拓営業に関する記事

イベント会社の中の人や、イベント会社向けのコンサルティングを行っている事業者による「イベント業×営業」に関するおすすめの記事を紹介します。おすすめのものが見つかり次第、随時追記更新していきます。

制作マンなのに営業もする?「イベント制作プロデューサー」の多彩な営業アプローチ

業務としては広告関係の印刷とイベント制作がメインですが、弊社では「営業部」という部署はなく、制作サイドの私もクライアントへ直接売り込みに行く形で営業を行っています。これまでは、不動産・機械メーカー・美容品メーカーさんなどへ伺いました。どういう実績があり、どういったものが制作できるかをご説明し、見積もりを出して……という一般的な営業活動と同じですね。

https://type.jp/st/feature/215/

イベント企画会社の集客戦略。自社の強みを伝え、他社に勝つための方法

イベント会社はこんなポイントでユーザーに選ばれる
全国規模の大手会社、地域密着の会社、専門分野に特化した会社など、実施するイベントの特性に応じて判断されます。多くの場合一般の企業がイベント企画会社への依頼を考えるのは「展示会への参加」「セミナー開催」のシーンが多いので、この2つをもとに選ばれるポイントを解説します。

https://www.shopowner-support.net/customer_attraction_information/offline/event-offline/eventmanagementcompany/

プロの営業の方、教えてください。イベント・コンサート制作会社を経営しています。

地方のイベント会社を経営してから5年が経ちます。なかなか売り上げが伸びません。本当の営業の経験が無いので新規が取れていません。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1126229021

イベント会社向けの営業手法に関するおすすめのセミナー

新規開拓営業に悩むイベント会社向けのおすすめのセミナーを実施している主催者やセミナー情報を紹介します。

一般社団法人日本イベント産業振興協会

イベント資格試験・検定の突破のため対策セミナーや、スキルアップのための講座・セミナーを開催しております。

https://www.jace.or.jp/activity/

まとめ

本記事では、イベント会社の方に役に立つおすすめの新規開拓営業に関する記事やセミナーの情報について詳しくお伝えしました。また、営業に関するノウハウだけでなくマンパワーが足らない場合には、営業代行会社や営業部のアウトソーシングも検討してみてはいかがでしょうか。

フォーム営業代行からマルチチャネル営業までB2B向けの伴走型営業支援サービス「カイタク」

日本初のB2B向けフォーム営業代行サービスとしてスタートしたカイタクは、数百社以上のお客様の支援実績をもとにした「勝ちパターンを探す」のが得意なB2B向け伴走型営業支援サービスです。

カイタクは、フォーム送信自動化ツールや従来の送信代行企業とは異なり、プロのライターによる訴求メッセージの作成と、目標に照らしたオリジナル送信先リストの作成に加えて、月1回の「勝ちパターン探し」の戦略会議を特徴としています。

テレアポ・手紙・FAXも組み合わせたマルチチャネル営業

また、新規営業のアポの獲得の成功率には、ライティング(訴求メッセージの作成)とターゲティング(送信先リストの作成)の組み合わせのほかに、営業チャネル(コミュニケーション媒体)も大きく影響します。カイタクでは、「フォーム送信」「フルコール(テレアポ)」「手書き風手紙」「FAX DM」などの媒体を組み合わせた「マルチチャネル営業」も得意としています。

”良いサービス・製品を作っているのに全然知ってもらえない”

新規開拓の営業やリード獲得が必要なのに、担当者がいない、リソースがない、どうやったらいいかわからない。そんな法人向けビジネスの現場で、まるで社員のように一緒に考えて伴走する営業支援サービスです。

お客様と一緒になって悩み、月々の仮説検証や改善施策を考え、実施した結果から学んで勝ちパターンを見つける。この勝ちパターン探しのプロセスが「カイタク」の最大の特徴です。

新しい新規顧客開拓手法をお探しでしたらまずは資料請求をどうぞ

資料請求はこちらから

ご入力いただいたメールアドレスに自動応答メールにて資料をお届けいたします。

営業に関するおすすめ記事カテゴリの最新記事