テレアポの代行サービスを導入するメリットや選び方のポイントを解説

テレアポの代行サービスを導入するメリットや選び方のポイントを解説

現代においてテレアポ代行会社は数多く存在し、会社ごとの特徴が異なります。

テレアポ営業の代行サービスを利用したいと考えても、どの代行サービスを選べば良いか悩んでいる企業担当者は多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、テレアポ代行サービスの概要をはじめ、テレアポ代行サービスでできることやメリット・デメリットを解説します。

選び方のポイントや費用相場なども紹介するので、テレアポ代行サービスを検討している場合はぜひ参考にしてみてください。

目次

テレアポ代行サービスとは

テレアポ代行サービスとは、自社に代わってテレアポを行い、商談の獲得を請け負うサービスをいいます。

新規顧客獲得のための電話営業や、既存顧客へ新商品を提供する電話営業などで活用されることが多いです。

テレアポによる営業は、ターゲットリストやトークスクリプトの作成や用意に時間と手間がかかってしまうことが少なくありません。

そのため、近年では自社でテレアポを行わずに代行会社へ委託し、営業マンの業務効率改善を図る企業が増えています。

テレアポを行う時間が確保できない企業にとって、テレアポ代行サービスは課題解決のための手段の一つとなるでしょう。

テレアポ代行サービスでできること

テレアポ代行サービスでできる業務は、主に6つです。

  • 新規開拓営業のテレアポ
  • 既存顧客へのテレアポ
  • ターゲットリストの提供・作成
  • 架電相手に合わせたトークスクリプトの作成
  • 電話のかけ方やトークスクリプトの改善
  • 受電やメールに対するインバウンド対応

一つずつ詳しく見ていきましょう。

新規開拓営業のテレアポ

新規開拓営業のテレアポはテレアポ代行サービスのメインとなる内容で、テレアポ代行会社であればほとんどの会社で対応している業務です。

営業経験が豊富ではない企業にとって、新規開拓営業のノウハウが少ないことは課題の一つとなっていることは少なくありません。

営業のプロに依頼することで、新規開拓営業のノウハウが少ない企業でも新規顧客を獲得できる可能性が高くなります。

既存顧客へのテレアポ

既存顧客へのテレアポも、テレアポ代行サービスで対応できることの一つです。

以前からいる既存顧客だったとしても普段から営業マンとの接点が少ない場合、信頼関係が薄くアポが取りにくいことがあります。

そういった状態の既存顧客に対しても、テレアポ代行会社で対応してもらうことが可能です。

ターゲットリストの提供・作成

自社が持つターゲットリストでは不十分だと判断した場合、より理想的なターゲットリストを提供してくれたり、一緒に作成してくれたりするテレアポ代行会社があります。

自社でターゲットリストを作成してみたものの、イマイチだと感じる場合はターゲットリストの作成や提供に対応してくれるテレアポ代行会社を選ぶと良いでしょう。

その際、ターゲットリストの作成にかかる費用などを一度確認することをおすすめします。

架電相手に合わせたトークスクリプトの作成

架電相手に合わせたトークスクリプトの作成を対応してくれるテレアポ代行会社が多くあります。

トークスクリプトは電話営業を成功させるためには欠かせない役割を持っており、トークスクリプトによって顧客対応の品質が左右されます。

代行サービスを利用する際は、「トークスクリプトはどのような流れで作成するのか」「自社に合った提案をしてくれるのか」などを確認するようにしましょう。

電話のかけ方やトークスクリプトの改善

電話のかけ方やトークスクリプトの改善を担ってくれるテレアポ代行会社は多いです。

テレアポによるアポイント取得率を向上させるためには、電話のかけ方や自社で作成したトークスクリプトの改善は欠かせません。

テレアポ代行会社に依頼することで、電話のかけ方やトークスクリプトの見直しにつながるでしょう。

ただし、テレアポ代行会社によっては短期契約で利用する際では対応してくれないこともあるので注意が必要です。

受電やメールに対するインバウンド対応

架電などのアウトバウンドだけでなく、受電やメールといったインバウンドにも対応してくれるテレアポ代行会社があります。

インバウンドの場合、問い合わせなどの受け答えに時間がかかってしまい、問い合わせが多ければ電話に対応する人員を増やす必要があります。

そうなってしまうと人件費や労力といったコストがかかってしまい、企業にとって負担になってしまいかねません。

テレアポ代行会社にインバウンド対応が依頼できれば人件費や手間、時間などの削減ができ、従業員に他の業務を進めてもらえるようになるでしょう。

テレアポ代行サービスのメリット

テレアポ代行サービスを利用するメリットは、主に3つです。

  • 商談に専念できる
  • 人件費の抑制が可能
  • プロフェッショナルなスキルが営業に反映される

各メリットを詳しく見ていきましょう。

商談に専念できる

テレアポ代行サービスを利用すれば、商談に専念しやすくなります。

営業マンはさまざまなタスクを抱えながら業務を行っているため、テレアポを業務の合間に行うことは大きな負担となってしまいます。

テレアポ業務を代行会社に依頼することで自社の営業マンは商談に専念できるため、今まで以上に質の高い商談を行える可能性が高まるでしょう。

人件費の抑制が可能

自社の予算状況に合った料金形態のテレアポ代行サービスを利用すれば、人件費の抑制が可能です。

また、テレアポ業務を行える正社員を雇うよりも、自社の状況を理解しているテレアポ代行会社に依頼したほうがより効果的なテレアポを実施できます。

万が一、テレアポを中止したい場合は依頼を打ち切れば問題ないので、事業変更や事業拡大する際でも柔軟に活用しやすいでしょう。

プロフェッショナルなスキルが営業に反映される

テレアポ代行会社に在籍している人材は、テレアポに関するプロフェッショナルなスキルを保有している方が多いです。

自社でテレアポを行う場合は一通りの研修を行ってからテレアポ業務をスタートする場合が多く、時間もコストもかかってしまうことも少なくありません。

テレアポ代行会社を利用することでプロフェッショナルなスキルがそのまま営業に反映され、スムーズに商談に進められるでしょう。

テレアポ代行サービスのデメリット

一方、テレアポ代行サービスのデメリットとして、以下の2つが挙げられます。

  • 代行会社との相性によって成果が左右される
  • 料金形態によっては成果に結びつかなくても費用が発生する

それぞれのデメリットについて詳しく解説します。

代行会社との相性によって成果が左右される

テレアポ代行会社には、得意にしている業種があれば不得意にしている業種があります。

すべての代行会社が同じようなサービスを提供できるわけではなく、特徴や強みなどによって質や能力の差が出てしまうものです。

仮にさまざまな実績を豊富に持っている代行会社を選んだとしても、自社の業種によっては思うような効果が得られなかったという場合もあるでしょう。

テレアポ代行会社が持つ実績などは重要な判断材料の一つですが、自社とテレアポ代行会社の相性によって成果が左右されることもあるため、慎重に選ぶことが肝心です。

料金形態によっては成果に結びつかなくても費用が発生する

テレアポの主な料金形態は、主に3つ挙げられます。

  • 固定報酬型
  • 成果報酬型
  • コール課金型

料金形態によっては「1架電=○円」のように料金が発生し、アポイントが獲得できていなかったとしても費用がかかります。

テレアポ代行サービスを利用しても費用対効果が薄くなってしまうと利用している意味がなくなってしまうため、料金形態には注意が必要です。

3つの料金形態については、以下で詳しく解説します。

テレアポ代行サービスの主な料金形態</h2>

テレアポ代行サービスを利用するときには、どのような料金形態を採っているのか事前に知っておかなければ後悔してしまうかもしれません。

ここでは、テレアポ代行サービスの主な料金形態を具体的に解説します。

固定報酬型

固定報酬型は、固定の報酬額を月額料金として支払う料金形態をいいます。

架電数やアポ獲得件数に関係なく固定費用で利用できるため、前もって予算が決めやすいメリットがあります。

ただし、成果が出なかった場合でも固定費用が発生するため、アポイント取得件数が少ないと費用対効果が薄くなってしまうかもしれません。

また、固定報酬型の場合はテレアポ代行業務にとどまらず、コールデータを活用したマーケティングや、そのデータを活用したコンサルティングを提供している場合が多いのも特徴です。

成果報酬型

成果報酬型は、アポ獲得1件ごとに費用がかかる料金形態をいいます。

架電数に関係なくアポ獲得できたときのみ料金が発生するため、月額料金を抑えられるメリットがあります。

ただし、商談につながりにくいアポイントを獲得することも多いため、費用対効果が感じにくい場合があることがデメリットです。

成果報酬型で契約する際は、どのようなアポイントを獲得したら課金されるかどうかを事前に打ち合わせしておきましょう。

コール課金型

コール課金型は、架電1件ごとに費用がかかる料金形態をいいます。

他の料金形態と比べて1件あたりの料金が安いことが多く、費用を抑えてテレアポ代行を依頼できるメリットがあります。

一方、アポイントを獲得できなかったとしても架電件数に応じて料金が発生することがデメリットです。

代行サービスによっては営業先の担当者が不在の場合は数回に分けて架電するプランを扱っている場合があり、1件あたりの費用はさらに抑えることも可能です。

テレアポ代行サービスの費用相場

テレアポ代行サービスの料金形態ごとの相場は以下の通りです。

  • 固定報酬型:20万~100万円/月
  • 成果報酬型:1万~5万円/件
  • コール課金型:250~700円/社

固定報酬型の場合は、テレアポ代行会社がどこまで対応してくれるかによって金額が異なります。

アポイント獲得のための架電だけであれば料金は安く済みますが、マーケティングやリスト作成、トークスクリプト改善など、さまざまなサービスを含めると費用は高くなります。

一方、成果報酬型の場合はアポイント取得数が増えれば固定報酬型よりも1件あたりの費用対効果が高くなる傾向があります。

コール課金型は、かけ直し対応を含まない場合なら100円~200円程度が相場ですが、プランによっては相場が高くなるので注意してください。

テレアポ代行サービスの選び方のポイント

テレアポ代行サービスを選ぶ際のポイントは、主に4つ挙げられます。

  • 保有するリストの数と質を確認する
  • 対応実績や導入実績を確認する
  • 通話音声データの提出があるか確認する
  • 得意分野と自社の課題の相性は良いか確認する

以下では、それぞれのポイントを詳しく紹介します。

保有するリストの数と質を確認する

テレアポ代行会社によって保有しているリスト数や質が異なるので、利用する前に一度確認することがポイントです。

たとえば、「製造業界に特化したリストを保有している」「通信業界のリストを多く持っている」など、テレアポ代行会社によって強みが異なります。

また、幅広く業界のリストを持っていたり、一つの業界に特化していて他のテレアポ代行会社が持っていないようなリストを保有していたりなど、質にも特徴や違いがあります。

テレアポ代行会社の利用を検討している場合は、自社の商材を効果的に売り込めるリストを持っているかを確認すると良いでしょう。

対応実績や導入実績を確認する

テレアポ代行会社を選ぶ際のポイントとして、これまでの対応実績や導入実績を確認することもおすすめです。

テレアポ代行会社の公式サイトに載っている実績やサービス紹介資料、実際に利用した方のリアルな口コミなどを照らし合わせ、対応実績や導入実績を判断すると良いでしょう。

自社で扱っている商品やサービスに似た商材を扱った実績があれば、安心して依頼できるようになります。

通話音声データの提出があるか確認する

通話音声データを保管し、定期的に提出してくれるかどうかも確認してください。

テレアポ代行会社に依頼したいと考えた際、「どのように電話をしてくれるのか」「本当に電話してくれるのだろうか」などが気になる方もいるのではないでしょうか。

そういった心配や疑問がある場合は、コールスタッフの通話音声データを証拠して定期的に提出してくれるテレアポ代行会社を選ぶことをおすすめします。

通話音声データを確認できれば不透明な部分が減って信頼できるようになり、テレアポに関する結果を具体的に知れるでしょう。

得意分野と自社の課題の相性は良いか確認する

テレアポ代行会社の得意分野と自社の相性が良いかのチェックも、選ぶ際のポイントの一つです。

上述したように、テレアポ代行会社によって得意分野と苦手分野が異なります。

自社の業界や業種を強みとするテレアポ代行会社を選ぶことで、業界の知識やノウハウを持つ方が担当者になる可能性が高くなります。

また、自社の商品やサービスへの理解が早く、営業先に効果的にアプローチをかけてくれるため、アポイント獲得率の向上が期待できるでしょう。

テレアポ代行サービスならカイタクへお任せください

会社名株式会社イメジン
所在地東京都新宿区中町19-6
連絡先cs@imejin.biz
代表者松木友範
設立2015年7月
主要取引先株式会社オイシックス、日清食品ホールディングス株式会社、株式会社JTB、日揮株式会社、ソウルドアウト株式会社、ディップ株式会社、株式会社アルバイトタイムス、他

カイタクはBtoB事業者向けの営業代行サービスです。

プロと月1回の戦略会議があるので相談しながら営業を進めることが可能であり、3つのプランを毎月自由に変更しながら状況に応じて活用できます。

また、社数限定の初回のみプランとしてトライアルを行えるので、興味がある場合は一度ご相談ください。

最後に、カイタクが持つ強みを3つ紹介します。

以下のページから、公式サイトをご確認できます。

カイタク

クリックレポートで売れる顧客を検知します

カイタクでは精度の高いクリックレポートを分析し、その中で成約の見込みが高い顧客を検知します。

その結果、成約につながる可能性が高い顧客を特定することが可能です。

それだけでなく、今まで営業せずにいた業種での近畿顧客取得にもつながります。

また、検知された顧客に絞って集中的にマーケティングすることで、少ない時間と労力で大きな成果を得られます。

自社独自の「スマートターゲティング」を採用しています

カイタクで扱っている自社独自のシステム「スマートターゲティング」は、リアルタイムの企業活動情報を収集しながら企業のニーズを分析しています。

また、常に最新の企業情報をキャッチしているため、作成した顧客リストの更新を欠かすことなく、使いやすい状態で維持することが可能です。

その他にも、テレアポやDM、飛び込み営業といったアウトバウンドセールスでの反応を計測し、見込み顧客にとって有効な営業手法をプランニングします。

テレアポ代行サービスを検討している方は、ご相談フォームからお気軽にご相談ください。

お申込/ご相談フォーム

まとめ

テレアポ代行サービスでは新規開拓や既存顧客へのテレアポのみならず、ターゲットリストの提供や作成、架電相手に合わせたトークスクリプトの作成などにも対応してくれることが多いです。

テレアポ代行サービスを利用することで、商談に専念できるなどの業務効率の改善が期待できるでしょう。

ただし、テレアポ代行会社との相性によって成果が左右される可能性があるため、選ぶ際は注意が必要です。

自社の予算や目的に合った代行会社サービスを検討している企業担当者は、ぜひ一度カイタクにご相談ください。


 

フォーム営業代行からマルチチャネル営業までB2B向けの伴走型営業支援サービス「カイタク」

日本初のB2B向けフォーム営業代行サービスとしてスタートしたカイタクは、数百社以上のお客様の支援実績をもとにした「勝ちパターンを探す」のが得意なB2B向け伴走型営業支援サービスです。

カイタクは、フォーム送信自動化ツールや従来の送信代行企業とは異なり、プロのライターによる訴求メッセージの作成と、目標に照らしたオリジナル送信先リストの作成に加えて、月1回の「勝ちパターン探し」の戦略会議を特徴としています。

テレアポ・手紙・FAXも組み合わせたマルチチャネル営業

また、新規営業のアポの獲得の成功率には、ライティング(訴求メッセージの作成)とターゲティング(送信先リストの作成)の組み合わせのほかに、営業チャネル(コミュニケーション媒体)も大きく影響します。カイタクでは、「フォーム送信」「フルコール(テレアポ)」「手書き風手紙」「FAX DM」などの媒体を組み合わせた「マルチチャネル営業」も得意としています。

”良いサービス・製品を作っているのに全然知ってもらえない”

新規開拓の営業やリード獲得が必要なのに、担当者がいない、リソースがない、どうやったらいいかわからない。そんな法人向けビジネスの現場で、まるで社員のように一緒に考えて伴走する営業支援サービスです。

お客様と一緒になって悩み、月々の仮説検証や改善施策を考え、実施した結果から学んで勝ちパターンを見つける。この勝ちパターン探しのプロセスが「カイタク」の最大の特徴です。

新しい新規顧客開拓手法をお探しでしたらまずは資料請求をどうぞ

資料請求はこちらから

ご入力いただいたメールアドレスに自動応答メールにて資料をお届けいたします。

コラムカテゴリの最新記事