インサイドセールスのメール例文をご紹介!メールの意義や送信時のポイントなども解説

インサイドセールスのメール例文をご紹介!メールの意義や送信時のポイントなども解説

「営業の数字が低迷しているので、インサイドセールスに注力したい」「インサイドセールスのメール例文を参考にしたい」と考えている方も多いでしょう。

そのようなあなたのために、インサイドセールスにおけるメールの内容や送信のポイントについて、ご紹介します。

自社で営業をするコストを削減したいという場合には営業代行への依頼がおすすめです。KAITAKでは問い合わせフォーム営業を行い、多くの企業へアプローチをするので、営業先の新規開拓をしたい方は下記ボタンより資料請求をしてみてください。

インサイドセールスでメールを使う意義とは

近年では、テレワークを導入する企業が増え、業務のオンライン化が進んでいるため、インサイドセールスが注目されています。

インサイドセールスでは、電話やWebサイトへのアプローチなど多くの手法がある中で、メールの活用を見直す企業が増えています。

メールは、あらかじめ準備した内容を送るため、電話で起こりがちな「伝え忘れ」や「伝達ミス」といった失敗がほとんどありません。また、テンプレートを作成することで、効率的にメールを送信することができます。

電話のように、リアルタイムで相手の時間を奪うこともなく、相手の都合の良いタイミングで読んでもらえるため、迷惑になりにくいという特徴もあります。

インサイドセールスのメール例文

インサイドセールスのメール例文を見ていきましょう。新規開拓や既存顧客のリピート化など、目的によってメールの内容が異なります。

  • 新規開拓向け
  • 既存顧客向け

新規開拓向け

まずは「新規開拓」に向けたメール例文です。ここでは「アポイント取り(初メール)」の例文をご紹介します。

(件名)クラウドで紙管理のコストを70%削減【〇〇サービスのご提案】

株式会社〇〇△△部署 ▲▲様 
株式会社◯◯●●様 突然のご連絡失礼いたします。

私、株式会社○○の△△と申します。 弊社は〇〇に関するクラウドサービスを提供しており、貴社の課題解決のお役に立てるのではと思いご連絡しました。

昨今、テレワークでオンライン化が進む中、「書類や資料を管理するのが面倒」「誰が資料を持っているのかわからない」など、紙管理について課題を感じる企業様が多くいらっしゃいます。

弊社の「〇〇(サービス名)」は月額5,000円でこれらの課題を解決します。 

【料金】月額5,000円(※初期費用0円) 

【特徴】・クラウド管理なので遠方にいても情報の閲覧が可能・すぐに利用スタート可。メールサーバーの準備は一切不要です・見やすさと操作性にこだわっているためICTツールが苦手な方でも簡単です

【事例】
・A社の事例課題:自社に営業マンが10名程いたが、テレワークの拡大で、自宅から直接相手企業に訪問、直帰することが多くなった。そのような中で、営業の日報やプレゼン内容の「紙」での共有ができなくなった。今後もテレワークを行う以上、紙での情報共有は難しい。何とかして解決したい。

・解決方法
弊社の〇〇(サービス)の〇〇機能によって営業マン一人ひとりの行動を可視化。どの営業マンが、どの案件を、どのように進めているのか一目瞭然にわかるようになりました。企業全体でペーパーレス化が促進され、生産性が向上したとのお声をいただきました。

 ご依頼いただけましたら、必ず貴社のお役に立てるように尽力いたします。
少しでもご興味がありましたら、弊社サービスの詳しい説明をさせていただきたいので、1時間ほどお時間をいただけないでしょうか。 

ご希望の日時と打ち合わせの方法を、以下のメールまでご連絡いただければ幸いです。
どうぞ、よろしくお願いいたします。 

〇〇〇〇〇〇〇@gmail.com
--------------- 
(※日時指定ありの場合)
ご提案を聞いていただければと思うのですが、下記日程のご都合はいかがでしょうか。

 ---------------
・5月24日(火) 14:00
・5月25日(水) 14:00
・5月26日(木) 14:00
--------------- 

3つほど日程を提示させていただきましたが、もちろん上記以外の日程でも可能ですので、遠慮なくご相談くださいませ。

何卒よろしくお願いいたします。

既存顧客向け

続いて「既存顧客」に向けたメールの例文です。ここでは、アップセル(商品のアップグレード)の告知をする際のメール例文をご紹介します。

(件名)「〇〇(サービス名)」新プランのご案内 

〇〇株式会社
〇〇部署 〇〇様 

いつも大変お世話になっております。株式会社△△の△△です。 

平素より弊社のサービスをご利用いただきまして、ありがとうございます。〇〇(サービス名)ですが、先月より、新プラン「プレミアムプラン」を導入いたしました。

これまではベーシックプランとミドルプランのみのご用意でしたが、ご要望が多かったため、ワンランク上のプレミアムプランをご用意いたしました。 

【プラン概要】月額10,000円(契約中プランからの移行は無料です) 

【特徴】
1. 〇〇〜
2. 〇〇〜
3. 〇〇〜

ミドルプランに5つの機能を追加しております。
大幅にグレードアップしておりますが、お客様の月額負担は1,000円増のみです。 

ぜひご活用いただければと思いご紹介しました。ご検討いただければ幸いです。

 ▼ミドルプランをご希望の際は下記のURLから申請ください。
URL:https://〇〇〇〇〇〇

同プランに関して、ご不明点などございましたら遠慮なくご相談くださいませ。今後とも何卒よろしくお願いいたします。

インサイドセールスでメールを活用するポイント

最後に、インサイドセールスでメールを活用する際のポイントを4つご紹介します。

  • 差出人は「個人名」が効果的
  • タイトルは簡潔にわかりやすく
  • メール作成に時間をかけすぎない
  • 特定電子メール法に注意する

差出人は「個人名」が効果的

メールは不特定多数に送るのではなく、1対1で送るを意識しましょう。相手に1対1を意識してもらうためにも、個人名での送信が効果的です。

冒頭にあいさつを入れつつ、「あなたにメールをお送りした理由や背景」なども伝えられるとなお良いでしょう。

顧客との信頼関係を築くためにも、誠実な内容のメールを心がけましょう。

タイトルは簡潔にわかりやすく

一般的に、人がすぐに理解できる文字数は「16字」とされています。そのため、件名は最初の16文字でメールの内容がわかるように記載することが大切です。

また、既存顧客にメールを送る場合は、前回の内容からの連続性を意識しつつ、簡潔な内容にまとめましょう。

メール作成に時間をかけすぎない

そもそも、インサイドセールスのおけるメールの目的は「アポイント獲得」であり、次の商談につなげることです。そのため、メールを送ること自体をゴールにしないよう注意しましょう。

1通のメールに何十分もかけても、成果が比例して大きくなるわけではありません。テンプレートなどを活用しつつ、出来るかぎり短時間で済ませるようにしましょう。

特定電子メール法に注意する

特定電子メール法とは、広告や宣伝を含む迷惑メールなどを規制する法律で、2002年に施行されました。「迷惑メール防止法」と呼ばれることもあります。

たとえば、メールを送る際に、送信者情報を偽る、受信を拒否している人に送信する、などの行為を行うと違反になります。

一般的な広告や宣伝メールも対象となるため、違反にならないよう注意しましょう。詳しくは消費者庁のページをご覧ください。

まとめ

インサイドセールスのメールについて、例文や活用のコツをご紹介しました。

メールには、電話で起こりがちな「伝え忘れ」や「伝達ミス」といった失敗がほとんど起こらないというメリットがあります。

実際に送る際は、相手との1対1を意識しながら、差出人を個人名にしたり、タイトルを簡潔にまとめたりと工夫してみましょう。

フォーム営業代行からマルチチャンネル営業までB2B向けの伴走型営業支援サービス「カイタク」

日本初のB2B向けフォーム営業代行サービスとしてスタートしたカイタクは、数百社以上のお客様の支援実績をもとにした「勝ちパターンを探す」のが得意なB2B向け伴走型営業支援サービスです。

カイタクは、フォーム送信自動化ツールや従来の送信代行企業とは異なり、プロのライターによる訴求メッセージの作成と、目標に照らしたオリジナル送信先リストの作成に加えて、月1回の「勝ちパターン探し」の戦略会議を特徴としています。

テレアポ・手紙・FAXも組み合わせたマルチチャンネル営業

また、新規営業のアポの獲得の成功率には、ライティング(訴求メッセージの作成)とターゲティング(送信先リストの作成)の組み合わせのほかに、営業チャネル(コミュニケーション媒体)も大きく影響します。カイタクでは、「フォーム送信」「フルコール(テレアポ)」「手書き風手紙」「FAX DM」などの媒体を組み合わせた「マルチチャネル営業」も得意としています。

”良いサービス・製品を作っているのに全然知ってもらえない”

新規開拓の営業やリード獲得が必要なのに、担当者がいない、リソースがない、どうやったらいいかわからない。そんな法人向けビジネスの現場で、まるで社員のように一緒に考えて伴走する営業支援サービスです。

お客様と一緒になって悩み、月々の仮説検証や改善施策を考え、実施した結果から学んで勝ちパターンを見つける。この勝ちパターン探しのプロセスが「カイタク」の最大の特徴です。

新しい新規顧客開拓手法をお探しでしたらまずは資料請求をどうぞ

資料請求はこちらから

ご入力いただいたメールアドレスに自動応答メールにて資料をお届けいたします。

コラムカテゴリの最新記事