知名度を上げる方法は?認知度との違いや知名度が上がらない原因なども紹介

知名度を上げる方法は?認知度との違いや知名度が上がらない原因なども紹介

自社のブランドの知名度を効果的に上げるには、InstagramやX(旧Twitter)などのSNSの活用や、セールス活動などの営業活動が必要です。

また、他社と比較した自社の強みをアピールすることも重要であり、自社ブランドの特徴を明確に打ち出すことで顧客を惹きつけられます。

本記事では、知名度を上げる重要性をはじめ、知名度を上げる方法や知名度が上がらない原因などを解説します。

知名度を上げる重要性

知名度とは、企業や商品が広く知られていることを指します。

知名度が高い企業や商品は消費者にとって信頼性が高く、購入や利用してもらえる可能性が高くなります。

また、知名度が高ければ直接的な顧客獲得に有利である他、競合他社との差別化にもつながります。

購入者や利用者を増やすだけでなく新規顧客の獲得を目指すためにも、知名度を上げることは必要不可欠です。

知名度と認知度の違いとは

知名度と認知度は似た言葉ですが、その意味は異なります。

上述したように、知名度は企業は商品がどれほど知られているかを指します。

一方、認知度とは商品内容やサービス内容などがどれほど知られているかを指す言葉です。

たとえば、「名前は知っているけどその会社が何をしているか知らない」という場合は、その企業は知名度が高いが認知度は低いといえます。

自社を広く知ってもらい商品やサービスも理解してもらいたい場合は、知名度だけでなく認知度を高めることが重要です。

知名度を上げる方法8選

知名度を上げることでより多くの顧客に自社を知ってもらうことができ、顧客からの信頼を獲得することにつながります。

ここでは、知名度を上げる方法を8つ紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

セールス活動

セールス活動は、どの企業でも取り入れられることが多い一般的な営業方法です。

セールス活動を行うことで知名度を上げられるのはもちろんのこと、顧客との相互信頼を築くことが可能です。

また、顧客のニーズを知ることにもつながり、今後の宣伝活動における参考情報を得られます。

その参考情報をもとに顧客が望んでいる情報を打ち出していくことで、より効率的に知名度を上げられるようになるでしょう。

マス広告

マス広告とは、テレビCMや新聞などのマスメディアに出稿する広告のことを指します。

マス広告は不特定多数の人の目につきやすいため、一度の出稿で知名度の向上が期待できます。

また、ターゲットとした顧客以外の方にも自社をアピールでき、社会的な信用度も一緒に高めることが可能です。

ただし、マス広告はある程度の費用がかかってしまうため、自社の業種や状況によっては不向きな場合があります。

イベント開催

イベントを開催することで顧客と直接関わることができ、自社の知名度を上げることが可能です。

イベントでは、来場者にとって楽しい体験や有益な情報を提供すれば自社を強く印象づけられる可能性があります。

また、顧客との双方向的なコミュニケーションが図れるため、自社ブランドに対する信頼感を形成しやすいです。

ただし、イベントの開催情報は事前に周知しておく必要があり、知名度が低い状況だとイベント告知しても集客が厳しいかもしれません。

イベント開催による知名度向上を狙う場合は、他の宣伝方法と組み合わせて効率的に行うようにしましょう。

プレスリリースの配信

プレスリリースはメディアや報道機関などに自社製品を掲載してもらい、広く情報を発信する宣伝方法です。

新聞やwebメディアなどの媒体に取り上げられることで人目につきやすく、自社の情報を顧客や取引先に広く知らせられます。

製品の発売前に事前に情報を発信できるため、宣伝コストを抑えることも可能です。

また、オンラインでプレスリリースを配信するとGoogleなどの検索エンジンに情報が表示されやすくなるため、より知名度を上げやすくなるでしょう。

取材を受ける

メディアから取材や紹介を受けることで、自社を効率的に宣伝することが可能です。

取材を受けた記事などが公開されれば自社の商品を求めている顧客の目にとまる可能性が高くなり、純粋な知名度の向上につながります。

また、新聞などの信頼性の高い媒体で宣伝してもらえれば、知名度だけでなく自社の信頼性も高まることが期待できます。

メディアから取材の打診があった際は、前向きに活用を検討すると良いでしょう。

オウンドメディア

オウンドメディアとは、主に企業が自社の商品を宣伝するために所有するメディアのことです。

オウンドメディアは他の宣伝方法と異なり自社内で運営するので、リアルタイムでの情報更新がしやすいのが特徴です。

また、SEO対策をしたオウンドメディアを運営すれば検索結果にページが表示される可能性が高くなり、検索結果からの知名度向上も望めるでしょう。

ノベルティの無料配布

ノベルティとは、ブランドロゴや企業名が入ったボールペンやキーホルダーなどのことを指します。

ブランドロゴの他にも、イメージキャラクターを印刷すれば顧客は日常的にノベルティを使いやすくなります。

顧客が無料のノベルティを受け取ることで自社に対してポジティブなイメージを持ちやすくなり、日常内でそのノベルティを使用してもらえれば顧客の周囲の人にも宣伝できます。

上述したイベント開催を実施する際は、併せてノベルティの無料配布を検討してみるのも良いでしょう。

カーラッピング

カーラッピングは、宣伝トラックやバスなどの車に自社の会社名などをラッピングして宣伝することを指します。

ラッピングする初期費用はかかりますが長期間の宣伝効果が得られるため、総合的に見るとコストが安く済みます。

車を見るのはその走行地域に住んでいる人が多くなるため、地域密着型の商品やサービスを提供したい場合には特に有効な手段です。

知名度向上にはSNSの活用も有効

知名度の向上のためには、SNSを活用することも重要です。

現代ではさまざまな方がSNSを利用しているため、上手にSNSを運用すれば多くの人に自社や商品を知ってもらえる可能性があります。

また、ほとんどのSNSが初期費用や維持費がかからず無料で運営できるので、費用を抑えつつ知名度を上げたい場合にも有効です。

ここでは、知名度を上げる際に特におすすめのSNSを4つ紹介します。

X(旧Twitter)

X(旧Twitter)は、140文字以内の短文と写真や動画を投稿できるサービスです。

利用者の年代が幅広いため、Xを利用すれば多くの人に自社や商品を知ってもらえる可能性があります。

Xにある「X Premium」という有料プランを利用すれば、ポストを表示されやすくなるなどのメリットがあります。

また、有料プランだとユーザー名の横にバッジがつくため、アカウントの信頼性も上げられます。

操作性などはそれほど難しくなく、SNSに慣れていない方でも比較的簡単に操作できるため、興味がある場合は一度利用を検討してみてください。

Instagram

Instagramは正方形の動画や写真の投稿が主なサービスであり、利用者は若年層の男女が多い傾向にあります。

若者にフォーカスしたカジュアルな商品やサービスの知名度を上げたい場合は、Instagramの活用がおすすめです。

ただし、Instagramではおしゃれな雰囲気を感じられる画像が好まれる傾向にあり、見栄えによって注目の集まり方が変わってくる可能性があります。

Instagramを利用する際は、できるだけおしゃれな雰囲気がある写真を投稿するように心がけると良いでしょう。

Facebook

Facebookは文章をベースに写真などを添付できるサービスであり、利用層は30〜40代が多い傾向にあります。

他のSNSに比べて実名で利用されている可能性が高く、フォーマルな印象があることが特徴です。

30〜40代に向けて商品の知名度や自社の信頼性を高めたい場合は、Facebookを利用すると良いでしょう。

また、FacebookとInstagramは連携できるため、併用することで知名度アップがより期待できるようになります。

TikTok

TikTokは1分未満のショート動画を投稿するサービスです。

主な利用層は若年層であり、他のSNSに比べてキャッチーな内容が好まれる割合が高いことが特徴として挙げられます。

また、比較的拡散力が高いため、効果的に知名度を上げられる可能性があります。

TikTokは比較的新しいサービスであるため、早期に参入しておくことで同業他社との差別化を図ることができ、業種によっては有効なサービスといえるでしょう。

知名度が上がることで得られるメリット

知名度が上がることで得られるメリットは主に3つです。

  • 業績や売上の向上が期待できる
  • 経済資金の確保につながる
  • 人材の確保がしやすくなる

それぞれのメリットを具体的に見ていきましょう。

業績や売上の向上が期待できる

知名度が高まることで企業やブランドへの注目度が増し、市場での存在感が強化されます。

その結果、同業他社よりも商品の購入や利用される可能性が高くなり、業績や売上の向上につながります。

また、信頼も獲得しやすくなるので顧客の購買意欲が向上し、自社を知らなかった層にも訴求できるようになるでしょう。

経済資金の確保につながる

知名度が向上すれば、投資や金融機関からの信頼を得ることが可能です。

信頼性や安定性のある企業と認識されることで資金提供や投資の機会が増え、結果的に経済資金の確保につながります。

また、知名度があれば株式や社債を発行する際にも有利です。

資金難を抱えている際にはSNSなど初期費用のない宣伝手段を活用して知名度向上を狙うと良いでしょう。

人材の確保がしやすくなる

知名度が高い企業やブランドは、優秀な人材の獲得がしやすくなります。

たとえば、自身のキャリアで安定感を求める人材にとって知名度が高い企業は信頼性や安定性があるように感じて魅力的に映ります。

知名度が高ければこのような優秀な人材の確保や定着にプラスの影響を及ぼします。

優秀な人材を確保したい場合は、マス広告などの安心感のある宣伝手段を選ぶとより信頼を獲得できるでしょう。

知名度が上がらないときに考えられる原因

知名度が上がらない場合や上がり幅が小さい場合には、さまざまな原因が考えられます。

その原因を理解せずに広告や宣伝を追加していても改善される可能性は高くありません。

ここでは、知名度が上がらない際に考えられる主な原因を3つ解説します。

自社の魅力を伝えきれていない

知名度が上がらない原因の一つとして、自社の魅力を十分に伝えられていない可能性が挙げられます。

自社の商材を宣伝をする際は、魅力や特徴を明確にした内容をアピールすることで顧客や市場への訴求力が増します。

自社のアピールポイントが明確になっていなければ効果的な宣伝を行うことができず、知名度の向上は期待できなくなってしまいます。

知名度の向上に伸び悩んでいる場合は、「自社の魅力とは何か」「自社しかない特徴はどこか」などを一度見直し、共同他社と差別化できるようなアピールポイントを明確にしましょう。

話題性の高い情報発信ができていない

マス広告やSNSなどを活用してリアルタイムで宣伝をする際は、話題性の高い情報発信ができているかどうかを確認してください。

目をひく内容や共感できる内容は知名度上昇において大きな効果を発揮しますが、話題性のない情報だと宣伝してもイマイチ話題にならず知名度アップにつながりません。

リアルタイムで情報が動く宣伝方法を活用して知名度向上を狙う場合は、話題になるような工夫を加えて発信するのがポイントです。

また、資金に余裕のある企業の場合は著名人などをイメージキャラクターに据えて宣伝活動を行うのも一つの方法です。

ブランディングを間違えている可能性がある

イマイチ知名度が上がらない際は、ブランディングを間違えてないかを一度確認することをおすすめします。

たとえば、高級寿司屋の知名度を上げたい場合、比較的金銭に余裕が生まれやすい年齢層に宣伝すれば効果的かもしれませんが、学生などの若年層に宣伝してもほとんど効果が見込めません。

一方、20代向けのファッションブランドなのにもかかわらず、それ以外の年齢層に宣伝してもイマイチ反応してもらえないでしょう。

このように、そもそものブランディングを間違えてしまっていると効果的な知名度の向上は望めないといえます。

知名度が上がらない場合は、ブランドのイメージやポジショニングを一度見直し、顧客や消費者のニーズに合った宣伝を行うようにしましょう。

自社の知名度を上げるならカイタクへお任せください

カイタクはBtoB事業者向けの営業代行サービスです。

プロと月1回の戦略会議をすることで相談しながら宣伝できるだけでなく、3つのプランを毎月自由に変更しながら状況に応じたマーケティングができます。

また、社数限定の初回のみプランとしてトライアルを行えるため、興味がある場合は一度ご相談ください。最後に、カイタクが持つ強みを3つ紹介します。

最新AIを活用して見込み顧客リストを作成

カイタクでは、最新AIを利用して見込み客リストを作成します。

データはリアルタイムの企業情報収集をはじめ、関心・行動解析データに基づいて制作しているので、営業チャンスを逃がさずにニーズに合わせた宣伝活動が可能です。

また、Googleマップのエリア情報から地域の見込み顧客をリスト化するなどの応用性があるため、高い反響率も見込めます。

「見込み顧客に対してより効率的に営業をしたい」「確実な知名度向上を図りたい」と考えている場合は、ぜひカイタクをご利用ください。

専属チームによる手厚いサポート

カイタクでは営業用文面の作成や月1の定例会が行われるなど、専属チームによる手厚いサポートを利用しながらマーケティングが行えます。

自社で行う対応はそれほど多くはなく、プロに任せながら宣伝活動を行うことが可能です。

また、契約前でもフォームより相談を承っているので、疑問点などの解消にも役立てられるでしょう。

結果に応じて営業チャネルの最適化が可能

カイタクでは「マルチチャネルプラン」というしくみを導入しており、結果に応じて営業チャネルを最適化できます。

商材訴求が明確な場合の「フォーム+コールフォロープラン」、ターゲットが明確な場合の「フルコールプラン」、決裁者アポに強い「手書き風手紙+コールプラン」の3つのプランを毎月自由に変更可能です。

そのため、自社の状況を鑑みながら知名度向上を目指した営業活動を行えます。

利用を検討されている企業さまは、ご相談フォームからお気軽にご相談ください。

お申込/ご相談フォーム

まとめ

知名度を上げる方法は広告やPR活動、SNSの活用などがあり、得られる効果などは方法によって異なります。

あらかじめ目的を明確にし、適切な広告戦略やPR活動を行うことで知名度を向上させることが可能です。

宣伝活動をしているのにかかわらず知名度が上がらない場合にはさまざまな原因が考えられるため、一度精査し直すと良いでしょう。

プロの手厚いサポートを受けながら知名度を上げたいと考えている場合は、ぜひカイタクの利用を検討してください。


 

フォーム営業代行からマルチチャネル営業までB2B向けの伴走型営業支援サービス「カイタク」

日本初のB2B向けフォーム営業代行サービスとしてスタートしたカイタクは、数百社以上のお客様の支援実績をもとにした「勝ちパターンを探す」のが得意なB2B向け伴走型営業支援サービスです。

カイタクは、フォーム送信自動化ツールや従来の送信代行企業とは異なり、プロのライターによる訴求メッセージの作成と、目標に照らしたオリジナル送信先リストの作成に加えて、月1回の「勝ちパターン探し」の戦略会議を特徴としています。

テレアポ・手紙・FAXも組み合わせたマルチチャネル営業

また、新規営業のアポの獲得の成功率には、ライティング(訴求メッセージの作成)とターゲティング(送信先リストの作成)の組み合わせのほかに、営業チャネル(コミュニケーション媒体)も大きく影響します。カイタクでは、「フォーム送信」「フルコール(テレアポ)」「手書き風手紙」「FAX DM」などの媒体を組み合わせた「マルチチャネル営業」も得意としています。

”良いサービス・製品を作っているのに全然知ってもらえない”

新規開拓の営業やリード獲得が必要なのに、担当者がいない、リソースがない、どうやったらいいかわからない。そんな法人向けビジネスの現場で、まるで社員のように一緒に考えて伴走する営業支援サービスです。

お客様と一緒になって悩み、月々の仮説検証や改善施策を考え、実施した結果から学んで勝ちパターンを見つける。この勝ちパターン探しのプロセスが「カイタク」の最大の特徴です。

新しい新規顧客開拓手法をお探しでしたらまずは資料請求をどうぞ

資料請求はこちらから

ご入力いただいたメールアドレスに自動応答メールにて資料をお届けいたします。

コラムカテゴリの最新記事