営業を外注するメリットとは?効率良く営業するためには外注がおすすめ

営業を外注するメリットとは?効率良く営業するためには外注がおすすめ

営業活動は新規顧客獲得をはじめ、既存顧客のサポートも行うなど、業績を向上させるためにはさまざまな業務があります。

しかし、すべて自社で行うとなると労力やコストがかかってしまい、大変に感じることは少なくありません。

自社にかかる手間や費用を抑え、効率的に営業活動を行いたい場合は、外注の利用がおすすめです。

本記事では、営業を外注に依頼するメリットやデメリット、外注の相場などを詳しく解説します。

営業の外注とは

営業の外注は、自社で行う営業活動を外部の営業代行サービスに依頼することです。

依頼できる主な内容としては、アポイント獲得や新規顧客リストの作成、ターゲット分析、顧客への交渉、コンサルタント、商談などが挙げられます。

営業の外注を依頼できるサービスはさまざまな種類があり、営業活動をどの範囲で依頼できるかはサービスによって異なります。

また、営業外注は営業派遣と混同されがちですが異なるものなので、違いも理解しておかなければいけません。

営業外注

営業外注は、自社の営業活動を外注先企業が引き受けてくれるサービスです。

自社が求めている営業成績を参考に営業戦略を立案し、効果的な方法で営業活動を代行してくれます。

外注サービスを提供している企業がどのように業務を進めていくのかなどを決めていくので、具体的な活動方法について任せられるのが特徴です。

事前にどのような内容で営業活動をしてほしいのかなどを伝える機会があるため、営業外注を検討する前に方向性を決めておくと良いでしょう。

営業派遣

営業派遣は、営業のスキルを持っている人材を外部から補充するサービスです。

営業職の経験がある人材に来てもらうことで、営業担当者不足の解消や効率良い営業活動を実現しやすくなります。

営業外注とは異なり、営業派遣の場合の指揮などは自社で担当する必要があります。

営業派遣を活用することで人材補充ができますが、派遣される人材の能力に差があることは少なくないため、あらかじめ理解しておくことが肝心です。

営業を外注するメリット

営業を外注する主なメリットとして、以下の4つが挙げられます。

  • プロの力を借りられる
  • 新しい視点やアイディアを発見できる
  • 即戦力になる
  • 人手不足を解消できる

それぞれのメリットを詳しく見ていきましょう。

プロの力を借りられる

営業を外注に依頼することで、プロの力を借りることが可能です。

自社に営業のノウハウや知識、スキルなどが蓄積していなければ効率的に営業を行うことは難しいといえます。

営業を外注し、プロの力を借りることで自社の弱みを発見でき、自社の営業課題の解決につなげられます。

また、プロの力を借りながら営業活動を行うことで自社にノウハウや知識が徐々に蓄積していくため、自社の成長も促せるでしょう。

新しい視点やアイディアを発見できる

営業業務を外注することで新しい視点やアイディアを発見できることもメリットの一つです。

営業代行サービスを運営している企業は営業活動を専門に扱っているプロであり、過去に対応してきたさまざまな事案から豊富な知識を得ています。

そのような企業に営業を外注することで、自社にない新しい視点やアイディアを発見できる可能性があります。

今までターゲットにしてこなかった業界の新規開拓などにもつながるため、業務の拡大が期待できるようになるでしょう。

即戦力になる

営業業務を外注することで、即戦力となる営業代行チームによって営業活動を進めることが可能です。

依頼直後からプロの営業担当者が営業を代行してくれるため、自社で行うと時間がかかってしまうような研修などを行う必要はありません。

社内でチームを編成するなどの手間も省けるので、コストを抑えて効率良く営業活動したい場合は外注を活用すると良いでしょう。

人手不足を解消できる

人材不足を解消できることも、営業を外注するメリットとして挙げられます。

現代において、どの業界でも人材不足が深刻になっており、良い人材を雇用したいと考えて行動しています。

今後も少子高齢化が進んでしまうと予想されており、さらに若者の人口が減少してしまうことが否定できません。

そうなると、営業業務を行える担当者を十分に確保するのが難しくなってしまいます。

営業業務を外注化すれば自社で営業担当者を雇用する必要がなくなり、人材不足に悩まされている問題を解決できるでしょう。

さらには、最初からプロの方が活躍してくれるため、育成にかかる時間を削減でき、効果的な営業活動を実現できます。

営業を外注するデメリット

一方、営業を外注する主なデメリットは以下の2つです。

  • 営業活動が見えにくい
  • 情報流出のリスクがある

デメリットをしっかり理解していなければ、後々トラブルにつながってしまうかもしれません。

本項目では、デメリットについて具体的に解説します。

営業活動が見えにくい

営業を外注に依頼すると、営業活動が見えにくいというデメリットがあります。

社内で行う営業活動の場合はどのように活動しているのかを社内で把握しやすく、定期的に知ることが可能です。

しかし、外注の場合だと社内で細かな業務内容を把握しきれず、不透明な部分が生まれてしまう可能性があります。

営業代行会社と連携しながら営業活動を進めていくのでどのような成果があるのかなどは共有してもらえますが、各メンバーがどのようにして行動しているのかまでは把握するのが難しいです。

メンバー一人一人の行動を細かく知りたい場合は、一度営業代行会社に相談してみると良いでしょう。

情報流出のリスクがある

情報流出のリスクがあることも、営業を外注することによるデメリットの一つです。

営業を外注に依頼する場合、外部に顧客情報をはじめとしたさまざまな情報を知らせる必要があります。その際、情報漏洩のリスクはゼロとはいえません。

万が一、自社の顧客情報などが外部に漏れてしまうとトラブルや信用性に関わってくるため、細心の注意が必要不可欠です。

情報流出が発生しないようにするためにも、依頼する会社に対して情報流出の対策を確認しておきましょう。

営業外注の相場

上記までで営業を外注するメリットやデメリットを解説しましたが、営業を外注する際の費用も気になっている方は多いのではないでしょうか。

営業の外注では、「固定報酬型」「成果報酬型」「複合報酬型」の3つの料金形態が展開されています。

料金形態によって支払う費用が変わってくるため、事前に確認しておくことが肝心です。

本項目では、それぞれの料金形態の特徴や費用を解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

固定報酬型

固定報酬型は成果に関わらず、毎月同じ費用を支払う料金形態であり、営業1人あたり50万~60万円程度が料金相場です。

あらかじめどの程度のコストがかかるかなどが把握できるため、限られた予算の中で外注を依頼したい場合に向いています。

ただし、どのような成果であったとしても毎月定額の費用が発生するので、成果が低かった月でも関係なく支払わなければなりません。

成果報酬型

成果報酬型は、その名前の通り成果に対して報酬を支払う料金形態であり、1件あたり15,000~20,000円程度が料金相場です。

上記の固定報酬型とは異なって月額費用はなく、どれくらいの成果が出たかによって費用が変わってくるのが特徴です。

成果が多くあれば支払う費用も高くなり、成果がない場合は費用を支払う必要がありません。したがって、成果が出ないときの費用は安く抑えられるのが最大のメリットといえるでしょう。

ただし、成果報酬型は料金が高く設定されているので、成果次第では固定報酬型よりも費用が高くなってしまう可能性があります。

複合報酬型

複合報酬型は、固定報酬型と成果報酬型を組み合わせた料金形態であり、25万~30万円程度の固定費がかかります。

成果報酬型がベースとなっているため、固定報酬型と比べると毎月支払う費用が安く設定されているのが特徴です。

成果に応じた費用については、営業代行サービスを提供する企業によって異なるので、気になる場合は一度確認すると良いでしょう。

営業を外注する際の選定ポイント

営業を外注する際には、押さえておきたい選定ポイントが存在します。

各ポイントをしっかり理解しておくことで自社に合った営業代行会社を選びやすくなり、営業活動のさらなる推進が期待できるようになります。

本項目では、営業を外注する際に押さえておくべき選定ポイントを4つ紹介します。

何が課題なのか明確にする

営業業務を外注する場合は、まずは自社の課題を明確にするようにしましょう。

「何が課題なのか」「どういった部分に問題があるのか」などを自社で認識していなければ、営業代行会社へ適切に伝えられません。

また、自社の抱えている問題や課題を解決できるサービスを選ぶことも難しいといえます。

営業活動における課題もイマイチ分からない場合は、根本から洗い出してくれる営業代行サービスを選ぶことをおすすめします。

自社の問題を解決できるサービスを選ぶ

自社の抱えている問題や課題を解決できる営業代行サービスを選ぶことも重要です。

営業代行サービスを提供している企業は、それぞれ得意・不得意としている分野が異なります。

万が一、自社の問題や課題に対して不得意な営業代行サービスを選んでしまうと思うような成果は得られず、依頼している意味がなくなってしまいます。

営業を外注する場合は、得意としている分野で自社の抱えている問題や課題を解決できるかどうかを確認しましょう。

見積もりを複数取る

営業代行サービスを利用して営業を外注する場合、複数社から見積もりをもらうことがポイントです。

1社だけの見積もりだと相場料金が見極めにくく、見積もりに含まれるサービス内容も充実しているかどうかが判断できません。

見積もりを受け取る際は内訳をもらうようにし、複数社を見比べて自社に合ってる企業を選ぶようにしましょう。

費用対効果を考える

営業を外注する際の費用対効果を考えることも、企業選定において押さえておきたいポイントです。

具体的には、「サービスにかかる費用に見合った成果を得られるか」「人件費削減につながるか」などの観点から判断すると良いでしょう。

実際に利用してみなければ分からない部分もありますが、数ヶ月単位で成果を確認して費用対効果が得られないと感じる場合は、サービスの切替を検討してください。

営業外注ならカイタクへお任せください

営業代行サービスを利用して営業の外注を考えている場合は、「カイタク」にお任せください。

BtoB向けの伴走型営業支援サービス「カイタク」なら、新規顧客の開拓や営業にかかる負担を減らすことが可能です。

また、10,000円で100社に営業をかけられるトライアルが用意されているので気軽に試すこともできます。 

最後に、カイタクの主な特徴を3つ紹介します。

媒体手法を選択できるマルチチャネル

カイタクでは、媒体手法を選択できるマルチチャネルを採用しています。

商材訴求が明確であれば「フォームとコールフォロー」、明確にターゲットを決めているなら「フルコール」、決裁者にアポ取りしたいなら「手書き風手紙とコール」の3つを用意しています。

結果に応じて上記の営業チャネルを選択でき、毎月の成果を見ながら営業手法を変えていくことが可能です。

地域や距離を問わずにアプローチ

カイタクは全国に対応している営業代行サービスなので、地域や距離を問わず顧客にアプローチが可能です。

電話やメールなどを使用した営業スタイルを採用しているため、全国への営業もスムーズに行えます。

また、各企業に合わせたアタックリストを作成し、これまでアプローチをかけていなかった潜在顧客を発見することにも貢献します。

プロのライターが文面のA/Bテストをご提案

カイタクでは、営業メールの文面も重要と考えます。

手紙を届ける場合、読んでもらうことができなければ今後につなげられません。

しっかりと内容を確認してもらうことができるように、カイタクではセールスレターをプロのライターが毎月制作します。セールスレターの文面でA/Bチェックを行い、テストを繰り返しながらアポイントの獲得率の向上を図ります。

ご相談フォームからお気軽にご相談ください。

お申込/ご相談フォーム

まとめ

営業活動を効率良く行う場合は、営業代行サービスを利用して営業を外注するのがおすすめです。

さまざまなメリットやデメリットが存在しますが、双方をしっかりと押さえておくことで自社の問題や課題を解決してくれる営業代行サービスを見つけられるようになります。

また、選定する際のポイントも理解した上で営業代行サービスを探すことも大切です。

営業の外注を検討している場合は、ぜひカイタクへご相談ください。

カイタクでは媒体手法を選択でき、プロのライターによる文面チェックが受けられるなど、手厚いサポート体制が整っています。


 

フォーム営業代行からマルチチャネル営業までB2B向けの伴走型営業支援サービス「カイタク」

日本初のB2B向けフォーム営業代行サービスとしてスタートしたカイタクは、数百社以上のお客様の支援実績をもとにした「勝ちパターンを探す」のが得意なB2B向け伴走型営業支援サービスです。

カイタクは、フォーム送信自動化ツールや従来の送信代行企業とは異なり、プロのライターによる訴求メッセージの作成と、目標に照らしたオリジナル送信先リストの作成に加えて、月1回の「勝ちパターン探し」の戦略会議を特徴としています。

テレアポ・手紙・FAXも組み合わせたマルチチャネル営業

また、新規営業のアポの獲得の成功率には、ライティング(訴求メッセージの作成)とターゲティング(送信先リストの作成)の組み合わせのほかに、営業チャネル(コミュニケーション媒体)も大きく影響します。カイタクでは、「フォーム送信」「フルコール(テレアポ)」「手書き風手紙」「FAX DM」などの媒体を組み合わせた「マルチチャネル営業」も得意としています。

”良いサービス・製品を作っているのに全然知ってもらえない”

新規開拓の営業やリード獲得が必要なのに、担当者がいない、リソースがない、どうやったらいいかわからない。そんな法人向けビジネスの現場で、まるで社員のように一緒に考えて伴走する営業支援サービスです。

お客様と一緒になって悩み、月々の仮説検証や改善施策を考え、実施した結果から学んで勝ちパターンを見つける。この勝ちパターン探しのプロセスが「カイタク」の最大の特徴です。

新しい新規顧客開拓手法をお探しでしたらまずは資料請求をどうぞ

資料請求はこちらから

ご入力いただいたメールアドレスに自動応答メールにて資料をお届けいたします。

コラムカテゴリの最新記事