セミナー集客を代行してもらうメリットは?料金体系・費用相場をご紹介

セミナー集客を代行してもらうメリットは?料金体系・費用相場をご紹介

現代では、自社の商品やサービスを紹介するためにセミナーを開催し、集客を図っている企業が数多く存在します。

自社でも新規顧客の獲得のためにセミナーを開催したいものの、集客にかけるリソースがなかったりノウハウがなかったりなどに悩んでいる方はいるのではないでしょうか。

そんな悩みを持つ方におすすめなのがセミナー集客の代行であり、自社の負担を軽減しながらセミナーの成功が期待できます。

本記事では、セミナー集客のよくある悩みをはじめ、代行会社を依頼した際に得られるメリットなどを詳しく解説します。

セミナー集客のよくある悩み

セミナー集客のよくある悩みとして、主に以下の3つが挙げられます。

  • 商談率・成約率が低い
  • セミナー集客にかける人的リソースがない
  • セミナー集客のノウハウがない

それぞれの悩みを一つずつ見ていきましょう。

商談率・成約率が低い

よくある悩みの一つとして、商談率や成約率の低さが挙げられます。

セミナーを開催して集客できても、自社商品の商談や成約につながらなければ成功とはいえません。

商談率や成約率が低い理由として「メリットが不明確」や「イマイチ強みが分からない」など、さまざまな原因が考えられます。

原因を特定できなければ、何度セミナーを開催しても同じ結果になってしまう可能性があります。

セミナーを開催して集客することは大切ですが、自社に興味を持ってもらい商談や成約につなげられるような工夫をすることも重要です。

セミナー集客にかける人的リソースがない

セミナー集客にかける人的リソースがないことも、よくある悩みの一つです。

セミナー開催の集客にはさまざまなアプローチ方法が存在し、実施するためには多くの人員が必要です。

また、セミナー開催当日も進行役や講演、ツールの操作など、多くの業務をこなさなければなりません。

セミナー集客は、多くの人員がそれぞれの役割をこなすことではじめて成功につながるといえます。

セミナー集客のノウハウがない

よくある悩みの一つとして、セミナー集客のノウハウが自社に蓄積していないことも挙げられます。

セミナーを開催する際、タイトルや企画内容、会場や参加費など、必要な準備や決めるべき項目は多くあります。

初めてセミナーを開催する場合だと必要なノウハウが蓄積しておらず、「見込み客のリストがない」「開催までの流れが分からない」などの問題が発生することは珍しくありません。

セミナーは開催すれば集客が見込めるわけではなく、正しいノウハウを身につけて活用することで集客につながるようになります。

セミナー集客を代行会社に依頼するメリット

セミナー集客を代行会社に依頼することで得られるメリットは大きく3つです。

  • ノウハウがなくても集客が可能
  • 人的リソースを補填できる
  • マルチチャネルでの集客ができる

それぞれのメリットを詳しく紹介します。

ノウハウがなくても集客が可能

代行会社を利用すれば、自社にノウハウがなくても集客が見込めるようになります。

自社ですべて行う場合、集客に関するノウハウがない状態から試行錯誤を繰り返してセミナーを開催する必要があり、コストや時間をかけながら行わなければなりません。

代行会社はセミナー集客に関するノウハウが豊富にあり、自社で行うよりも効率の良い集客効果が期待できます。

また、セミナー集客を代行会社に依頼することで他の業務に専念できるようになることも大きなメリットです。

人的リソースを補填できる

代行会社を利用することで、人的リソースの補填を行うことが可能です。

自社で人材の選定から始めて育成を行うとなると時間やコストがかかり、うまくいく保証もありません。

代行会社は専門的な知識やスキルを有したプロが集まっており、業務に慣れた代行スタッフが対応してくれます。

そのため、人材育成にかかる時間やコストを削減でき、担当者の負担も大きく減らせるでしょう。

マルチチャネルでの集客ができる

マルチチャネルでの集客ができることも、代行会社の利用で得られるメリットです。

マルチチャネルの種類には企業サイトや訪問営業、SNSなどがありますが、自社で各チャネルにアプローチをかける場合は人的リソースや費用がかかってしまいます。

代行会社に依頼すれば自社の代わりに各チャネルへアプローチしてくれるため、自社商品の認知度上昇や販売する機会増加が期待できます。

たとえば、HPやLPは自社で作成し、テレアポやフォーム営業などの人的リソースがかかるものを代行会社に依頼することで、費用を抑えながら高い集客効果を得られるでしょう。

セミナー集客代行の料金体系・費用相場

セミナー集客の代行を依頼した際、費用はどれくらいかかるのかと気になっている方は多いのではないでしょうか。

料金体系には、主に「固定型」と「成果報酬型」の2種類あります。

ここでは、それぞれの特徴や費用相場を紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

固定型

成果の有無に関わらず、企業側が代行会社に対して一定の月額料金を支払う形式が「固定型」です。

事前にどれくらいの費用がかかるのか分かるので、予算内に収めたい場合は固定型がおすすめです。

さまざまな代行会社で採用されている料金体系であり、30万~50万円が相場となっています。

ただし、代行会社によっては初期費用として30万円がかかるところもあります。

固定型の代行会社へ依頼したい場合は、料金を一度確認しておくことをおすすめします。

成果報酬型

固定費用はかからず、成果に応じて費用が発生する形式が「成果報酬型」です。

固定型とは異なり、成果がない場合は費用が発生しないため、コストを抑えられるメリットがあります。

成果報酬型は相場が大きく変動しますが、おおよその相場は1万~2万円です。

また、初回50万円で50万ポイントを購入し、成果に応じて差し引かれていくシステムを採用している代行会社もあります。

成果報酬型は固定型よりも費用を抑えられますが、成果次第によっては固定型よりも高額になることもあるので注意しましょう。

セミナー集客代行なら「カイタク」にお任せください

セミナー集客で代行を検討しているなら、「カイタク」にお任せください。

カイタクは、問い合わせフォームから3回記入をするだけのシンプルさがあり、さまざまな手法を用いて企業ごとに最適な顧客リストの作成・営業などを代行しています。

最後に、カイタクの主な特徴を3つ紹介します。

独自AIを活用した質の高いリスト作成を行います

カイタクでは、独自の最先端AI「スマートターゲティング」を採用しています。

スマートターゲティングでは、見込み客の関心や行動データの分析、最適化された質の高いリストの作成が可能です。

また、通常の営業リストでは見つけられない企業の新規開拓も可能であり、企業情報の自動取得機能によって常に最新の情報が得られます。

月に1回の戦略会議で「勝ちパターン」を見つけます

カイタクでは専属チームによる手厚いサポートを受けながら営業活動を行うことが可能です。

月に1回の戦略会議を行い、アプローチすべきターゲット層や訴求メッセージなど、相談をしながら今後の戦略を組み立てていきます。

話し合いを重ねることで、ツールでは見つけられなかった勝ちパターンを見つけることが可能です。

また、専属ライターによるセールスレター作成も行っており、制作実績が豊富なライターが毎月複数の文面を作成するので、アポ獲得率も高められます。

結果に応じて営業方法を増やすことも可能です

カイタクでは、フォーム営業を中心としたマルチチャネルプランを採用しています。

企業と顧客の接点を増やすのがマルチチャネルの目的で、販売機会の増加や商品販売の機会損失を最小限に抑えることが可能です。

また、「フォーム+コールフォロープラン」「フルコールプラン」「手書き風手紙+コールプラン」の3つのプランがあり、結果に応じた営業チャネルを最適化しながら毎月自由に変更できます。

まとめ

セミナー集客にはさまざまな悩みがつきまとい、商談や成約率の低さや人的リソース不足などは企業が抱えやすい悩みです。

どれも無視できる問題ではなく、場合によっては企業の信用問題にまで関わる場合もあるので注意しなければなりません。

カイタクでは独自の最先端AIを用いた質の高いリスト作成や、専属チームによる手厚いサポートが受けられます。

結果に応じて営業方法を増やす「マルチチャネル」もあるので、セミナー集客で悩みがある場合はぜひカイタクまでご相談ください。


 

フォーム営業代行からマルチチャネル営業までB2B向けの伴走型営業支援サービス「カイタク」

日本初のB2B向けフォーム営業代行サービスとしてスタートしたカイタクは、数百社以上のお客様の支援実績をもとにした「勝ちパターンを探す」のが得意なB2B向け伴走型営業支援サービスです。

カイタクは、フォーム送信自動化ツールや従来の送信代行企業とは異なり、プロのライターによる訴求メッセージの作成と、目標に照らしたオリジナル送信先リストの作成に加えて、月1回の「勝ちパターン探し」の戦略会議を特徴としています。

テレアポ・手紙・FAXも組み合わせたマルチチャネル営業

また、新規営業のアポの獲得の成功率には、ライティング(訴求メッセージの作成)とターゲティング(送信先リストの作成)の組み合わせのほかに、営業チャネル(コミュニケーション媒体)も大きく影響します。カイタクでは、「フォーム送信」「フルコール(テレアポ)」「手書き風手紙」「FAX DM」などの媒体を組み合わせた「マルチチャネル営業」も得意としています。

”良いサービス・製品を作っているのに全然知ってもらえない”

新規開拓の営業やリード獲得が必要なのに、担当者がいない、リソースがない、どうやったらいいかわからない。そんな法人向けビジネスの現場で、まるで社員のように一緒に考えて伴走する営業支援サービスです。

お客様と一緒になって悩み、月々の仮説検証や改善施策を考え、実施した結果から学んで勝ちパターンを見つける。この勝ちパターン探しのプロセスが「カイタク」の最大の特徴です。

新しい新規顧客開拓手法をお探しでしたらまずは資料請求をどうぞ

資料請求はこちらから

ご入力いただいたメールアドレスに自動応答メールにて資料をお届けいたします。

コラムカテゴリの最新記事