営業訪問後に送るお礼メールの書き方は?例文も合わせてご紹介

営業訪問後に送るお礼メールの書き方は?例文も合わせてご紹介

営業訪問をした後にお礼のメールを送る際、どのような内容のメールを送れば良いのか悩む方は多いです。

お礼メールの手を抜いてしまうと相手からの信用を失ったり、せっかく取ってきた契約が失注になってしまったりします。

そこで今回は営業訪問後に送るお礼メールの書き方を説明します。最後には例文も紹介するので、参考にしてみてください。

営業活動を行なっていてもなかなか成約につながらないという場合には営業代行の依頼がおすすめです。KAITAKでは、依頼者に合わせたリストの作成や営業文面の作成を行うので、より見込みの高い顧客を集めることができます。気になった方は下記のボタンから資料請求をしてみてください。

営業訪問後のメール作成の5つポイント

営業訪問後のお礼メールを作成するにあたって大切なポイントが下記の5つです。

  • 訪問をした当日にお礼メールを送信する
  • 相手に分かりやすいように簡潔な件名をつける
  • メールアドレスの登録名を確認する
  • 誤字脱字がないか細部まで確認をする
  • 文面は商談に合わせた内容にする

訪問をした当日にお礼メールを送信する

お礼メールは訪問をした当日に送信するようにしましょう。遅いタイミングでメールを送ってしまうと、対応が遅い担当者だと思われてしまい、マイナスなイメージがついてしまいます。

また、別の会社がアプローチをかけている可能性もあるので、お礼メールを素早く送り、好印象を与えておくことも大切です。

もし当日に送れないという場合には、相手の翌出勤日までには送信が完了しているようにしましょう。

相手に分かりやすいように簡潔な件名をつける

メールの件名を複雑にしてしまうと相手が他の営業メールと勘違いしてしまい、読んでもらえない恐れがあります。

そのため、件名は「商談のお礼 会社名 担当者名」のようになるべく相手に分かりやすいように簡潔にするようにしましょう。

メールアドレスの登録名を確認をする

使用しているメールソフトによってはこちら側で登録している名前が相手側に表示されることがあります。

そのため、メールアドレスの登録名は「会社名 〇〇様」のように丁寧につけることを心がけましょう。

丁寧に登録していることが相手に伝われば好印象を与えることができ、商談に有利に働くこともあります。

誤字脱字がないか細部まで確認をする

誤字脱字があると、細かい部分へ気を遣っていない会社だと思われてしまい、会社自体のイメージダウンにつながる可能性があります。

そのため、お礼メールを送る前には複数回読み直したり、音読をするなどして誤字脱字が起こらないように対策をしましょう。

誤りのない丁寧な文章であれば、丁寧な仕事をしてくれる会社なのだと好印象を与えることが可能です。

文面は商談に合わせた内容にする

メールの文章はある程度テンプレート化されていることが多いです。そのため、テンプレートをそのまま送っているという方もいるでしょう。

しかし、文面は商談内容に合わせて適宜変更をすることが大切です。商談内容を相手に思い出してもらえるだけでなく、顧客に寄り添っていると感じてもらうこともできます。

また、文面を変更する際には商談内容から大きく逸れてしまわないように注意しましょう。

営業訪問後のお礼メールの例文

ここからは営業訪問後のお礼メールの例文を4つ紹介します。

  • 訪問後の基本的なお礼メール
  • 商談の際に課題・宿題を出された場合のお礼メール
  • 商談が成立となった場合のお礼メール
  • 商談が保留となった場合のお礼メール

訪問後の基本的なお礼メール

件名:本日の訪問のお礼 【会社名】 【担当者名】

株式会社〇〇
〇〇様

本日、【商品名】をご提案させていただきました、
【会社名】の【自分の名前】です。
お忙しい中貴重な時間をいただき、ありがとうございました。

ご提案させていただきました【商品名】の件で、ご不明点等ございましたらお気軽にご連絡ください。
今後とも何卒よろしくお願いいたします。

担当者の署名

商談の際に課題・宿題を出された場合のお礼メール

件名:本日の訪問のお礼 【会社名】 【担当者名】

株式会社〇〇
〇〇様

本日、【商品名】をご提案させていただきました、
【会社名】の【自分の名前】です。
お忙しい中貴重な時間をいただき、ありがとうございました。

本日お伺いしたビジョンを実現すべく、私もお力添えさせていただきたく思います。

また、お申し出いただきました、【課題の内容】につきましては、
◯月◯日(曜日)◯時までにご回答させていただきます。

その他ご要望やご不明点等ございましたらお気軽にご連絡ください。
今後とも何卒よろしくお願いいたします。

担当者の署名

商談が成立となった場合のお礼メール

件名:本日の訪問のお礼 【会社名】 【担当者名】

株式会社〇〇
〇〇様

本日、【商品名】をご提案させていただきました、
【会社名】の【自分の名前】です。
お忙しい中貴重な時間をいただき、ありがとうございました。
また、ご契約いただきましたこと感謝申し上げます。

弊社の商品をご利用いただくことで御社の課題である、
〇〇の解決にお役立ちできると確信しております。

弊社商品を選んでよかったのお言葉をいただけるよう、
私も全力でお力添えさせていただきます。

なお、ご不明点等ございましたらお気軽にご連絡ください。
今後とも何卒よろしくお願いいたします。

担当者の署名

商談が保留となった場合のお礼メール

件名:本日の訪問のお礼 【会社名】 【担当者名】

株式会社〇〇
〇〇様

本日、【商品名】をご提案させていただきました、
【会社名】の【自分の名前】です。
お忙しい中貴重な時間をいただき、ありがとうございました。

ご提案させていただきました【商品名】を導入するにあたって、
ご要望等ございましたらお気軽にご相談ください。
御社のご期待に添えるように、努力させていただきます。

また、ご不明点等ございましたらお気軽にご連絡ください。
今後とも何卒よろしくお願いいたします。

担当者の署名

まとめ

営業訪問後のお礼メールを作成するポイントは下記の5つでした。

  • 訪問をした当日にお礼メールを送信する
  • 相手に分かりやすいように簡潔な件名をつける
  • メールアドレスの登録名を確認する
  • 誤字脱字がないか細部まで確認をする
  • 文面は商談に合わせた内容にする

紹介したポイントを抑えることで相手に好印象を与えるメールを送ることが可能です。

また、お礼メールの文章に困った場合には例文を参考にしてみてください。

フォーム営業代行からマルチチャンネル営業までB2B向けの伴走型営業支援サービス「カイタク」

日本初のB2B向けフォーム営業代行サービスとしてスタートしたカイタクは、数百社以上のお客様の支援実績をもとにした「勝ちパターンを探す」のが得意なB2B向け伴走型営業支援サービスです。

カイタクは、フォーム送信自動化ツールや従来の送信代行企業とは異なり、プロのライターによる訴求メッセージの作成と、目標に照らしたオリジナル送信先リストの作成に加えて、月1回の「勝ちパターン探し」の戦略会議を特徴としています。

テレアポ・手紙・FAXも組み合わせたマルチチャンネル営業

また、新規営業のアポの獲得の成功率には、ライティング(訴求メッセージの作成)とターゲティング(送信先リストの作成)の組み合わせのほかに、営業チャネル(コミュニケーション媒体)も大きく影響します。カイタクでは、「フォーム送信」「フルコール(テレアポ)」「手書き風手紙」「FAX DM」などの媒体を組み合わせた「マルチチャネル営業」も得意としています。

”良いサービス・製品を作っているのに全然知ってもらえない”

新規開拓の営業やリード獲得が必要なのに、担当者がいない、リソースがない、どうやったらいいかわからない。そんな法人向けビジネスの現場で、まるで社員のように一緒に考えて伴走する営業支援サービスです。

お客様と一緒になって悩み、月々の仮説検証や改善施策を考え、実施した結果から学んで勝ちパターンを見つける。この勝ちパターン探しのプロセスが「カイタク」の最大の特徴です。

新しい新規顧客開拓手法をお探しでしたらまずは資料請求をどうぞ

資料請求はこちらから

ご入力いただいたメールアドレスに自動応答メールにて資料をお届けいたします。

営業メールのコツカテゴリの最新記事